ハイブリッド自動車について考える

ハイブリッド自動車について

 

ハイブリッド自動車が世の中に出てかなりの年月が経ちました。

 

今や、ハイブリッド自動車は世の中に当たり前のようにたくさん走り、

 

ついには100%電気のみで走る、電気自動車も行動を走るようになりました。

 

電気自動車は、ガソリン車に比べると航続距離が短いのがネック。

 

だから、都市部を走ることを目的とした比較的小型の車だけしか普及しない、

 

そんな予想もされていましたが、アメリカのテスラモーターを筆頭に、

 

電気自動車のスーパーカーまで出てくるほど、技術が発展してきています。

 

目覚ましい進歩です。

 

そのうち、ル・マンのようなサーキットレースはもちろん、

 

パリ・ダカのような長距離オフロードレースにも電気自動車が登場してくるかもしれません。

 

もちろん、レギュレーションなどのルールで縛られているレースの世界ですから、

 

その場合は新しいカテゴリが登場してくるのでしょう。

 

砂とオイルにまみれたレースにモーターの世界が入ってくる。

 

まさに近未来の世界です。

 

そういえば、映画のAKIRA。

 

主人公たちが乗るのはバイクでしたが、それはガソリンエンジンでなく、

 

電動モーターが主動力になっていました。

 

近い将来、「エンジンがやっとあったまってきた」という台詞が

 

「モーターのコイルがやっとあったまってきた」という台詞に変わるのも、

 

まんざら嘘ではなさそうです。

 

技術の進歩は凄まじい。

 

最近では、ついに自動運転の技術まで登場してきました。

 

人々の予想しているよりもずっと早く実現が可能だと言うメーカーも出てきています。

 

実際、公道でのテスト走行まで始まっているようで、未来の技術と思っていたものが、

 

意外とすぐ近くまでやってきているということが実感できます。

 

ここまで来ると、自動車は軽くSFの世界に突入してきていると言ってもいいかもしれません。

 

鉄腕アトムの世界では、自動車は自動運転が当たり前。

 

乗って行き先を告げるだけで、安全に目的地まで人を運んでくれていました。

 

想像力は現実を未来へと進める原動力にもなります。

 

昔の人々が夢見ていたことが今次々に実現していくということは、

 

SFの世界などで描かれていた夢物語と決して無縁ではないのでしょう。

 

しかし、完全自動運転となると、車はもう自動車というより走るコンピューター、

 

アンドロイドと言ってしまってもいいのではないでしょうか。

 

オール電化された全自動自動車。

 

ブレードランナーやトータルリコールといったSFの世界そのものですね。

 

車を運転する、という楽しみがなくなると嘆く愛好者も多くいそうですが、

 

無謀な運転による事故なども少なくなって、案外と居心地のいい世界になるのかもしれません。

 

その時は古い車は廃車にして売ればいいので、その浮いたお金で新しい車の購入費用の足しに出来ますね。

 

廃車の費用についての詳しい説明は↓から

関連ページ

車のデザインがよければ車を買い替えるのに
自動車の一括査定に関する情報を紹介しています。ガリバー、アップル、など大手中古車買取業者の無料一括査定が申し込み出来ますよ。
車って本当に便利。いざという時は買取業者に売ればお金になるし。
自動車の一括査定に関する情報を紹介しています。ガリバー、アップル、など大手中古車買取業者の無料一括査定が申し込み出来ますよ。
車のタイヤで買取査定は変わるのでしょうか?
自動車の一括査定に関する情報を紹介しています。ガリバー、アップル、など大手中古車買取業者の無料一括査定が申し込み出来ますよ。
明日は初の車検に行きます。通らなければ車一括査定へ
自動車の一括査定に関する情報を紹介しています。ガリバー、アップル、など大手中古車買取業者の無料一括査定が申し込み出来ますよ。
若者のスポーツカーの運転と買取査定額
自動車の一括査定に関する情報を紹介しています。ガリバー、アップル、など大手中古車買取業者の無料一括査定が申し込み出来ますよ。
トラックの購入に対して、家族からの賛成を得る方法は…。
自動車の一括査定に関する情報を紹介しています。ガリバー、アップル、など大手中古車買取業者の無料一括査定が申し込み出来ますよ。